menu

新居浜工業高等専門学校
新居浜工業高等専門学校
ポジティブ・アクション|採用と上位職昇進 音声読み上げ


取組内容

ポジティブ・アクションとして、「女性優先公募」及び「女性限定公募」を積極的に実施している。また、機構全体として、女性教員昇任に関する運用の弾力化や「女性研究者等キャリア支援(研究支援員配置)事業」を整備し女性教員のキャリア支援を行っている。

取組の背景・目的

本校では近年女子学生の割合が増加している。それに伴い、女子学生へのサポートのためにも女性比率の向上は不可欠である。平成25年制定の理事長裁定に基づき、女性教員を採用するため、業績や能力が同等と認められる場合には、積極的に女性を採用する「女性優先公募」を実施しており、平成30年度には「女性限定公募」を実施した。「女性優先公募」及び「女性限定公募」をすることで女性応募者を増やし、女性教員の在籍比率向上を図っている。
また高専機構では、教授職に占める女性教員の比率向上を目指し、十分な業績のある女性教員を昇任させるため、昇任人事の運用を弾力化する制度を整備している。さらに、妊娠、出産、育児及び介護等のため、研究に十分な時間を確保することが困難な女性研究員等に対し、「女性研究者等キャリア支援(研究支援員配置)事業」を実施している。この制度により、研究補助業務に従事する研究支援員を配置し、育児・介護等と教育研究業務の両立が図れるよう支援している。

女性比率の上昇

上記の取組により、令和2年11月現在で本校の女性教員の在職比率は10.39%となった。理事長裁定が制定された平成25年の5.88%から大幅に上昇しており、取り組みによる成果が表れている。

波及効果等

上記施策及び男女共同参画推進室の働きかけにより、教職員全体の意識改革が進んでおり、育児・介護等を行っている教職員への配慮を各部署で行っている。


問合せ先
新居浜工業高等専門学校総務課人事係
jinji-c■off.niihama-nct.ac.jp(■を@に置き換えてください)